for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、40年ぶりの物価上昇率を嫌気

    [22日 ロイター] - ロンドン株式市場は反落して取引を終え
た。5月の英消費者物価指数(CPI)で前年同月比の上昇率が約40
年ぶりの高い伸びとなり、イングランド銀行(英中央銀行)に対する利
上げ圧力が高まったのが嫌気された。原油や金属価格の値下がりを受け
て商品関連株が下落したことも相場を圧迫した。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.31%下げ
た。
    英CPIは、食品価格の高騰で前年同月比9.1%%上昇した。主
要7カ国(G7)で最高となり、生活費の危機の深刻さが強調された。

    ハーグリーブス・ランズダウンのアナリスト、スザンナ・ストリー
ター氏は「英中銀は現在、需要を減らし、価格を押し下げるために、今
後数カ月間に渡って継続的に利上げをする形でさらに冷やすよう、圧力
をかけられている」と述べた。
    英中銀は先週、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げ
1.25%にし、物価高の悪影響を阻止するために「力強く」行動する
用意があると表明した。
    工業用金属と原油価格の値下がりを背景に、FTSE350種鉱業
株指数、石油・ガス株指数はそれぞれ5
.50%、3.31%下落した。
    英銀のナットウエストは3.0%上昇。英政府が、同社の
持ち株を売却する取引計画をさらに12カ月延長すると発表したことが
好感された。
    
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              7089.22     -62.83   -0.88      7152.05          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up