November 26, 2019 / 6:54 AM / 10 days ago

40年債増額に言及する参加者多かった=国債投資家懇で財務省幹部

 11月26日、財務省は国債投資家懇談会を開いた。財務省幹部によると、ニーズはプラス金利が残っているゾーンに集中しており、特に40年債の増額について言及する参加者が多かったという。2011年8月4日撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 26日 ロイター] - 財務省は26日、国債投資家懇談会を開いた。財務省幹部によると、ニーズはプラス金利が残っているゾーンに集中しており、特に40年債の増額について言及する参加者が多かったという。

一方、10年以下のゾーンはマイナス金利で需要がそれほど強くないため、減額議論をする場合はこのゾーンを対象にした方が良いという意見があった。

50年債についての意見は出なかった。財務省は50年債の発行を検討していない理由として、まずは40年債の市場育成が重要と説明しているが、財務省幹部は「40年債は入札方式が他と違っており、投資家の広がりも30年に比べるとだいぶ足りない。まだ育成段階という認識は変わっていない」と語った。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below