January 23, 2018 / 7:54 AM / 3 months ago

安川電機4─12月期、旺盛な需要で過去最高業績

[東京 23日 ロイター] - 安川電機が23日発表した2017年4─12月期連結業績(日本基準)は、売上高が前年同期比19.4%増の3398億円、営業利益が同92.3%増の415億円、純利益が約2倍の296億円だった。主力のモーション・コントロールとロボットに対する旺盛な需要を背景に、売上高と各利益が4─12月期累計で過去最高を記録した。

2017年度は決算期を前年度までの3月20日から2月末に変更。18年2月期の通期予想は売上高が4500億円、営業利益が540億円、純利益が390億円。従来予想から変更はない。

決算期が従来通りと仮定すると、対前年比の収益伸び率は売上高が18.0%、営業利益が87.4%、純利益が約2倍になるという。

トムソン・ロイターがまとめたアナリスト20人の営業利益の予測平均値は562億円で、会社予想はこれを3.9%下回っている。

浜田健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below