June 7, 2018 / 5:52 AM / 4 months ago

4月景気動向指数、前月比で3年7カ月ぶりプラス幅=内閣府

[東京 7日 ロイター] - 内閣府が7日公表した4月の景気動向指数(速報値、2010年=100)は、一致指数が117.7と前月比で1.7ポイント上昇した。前月比は3年7カ月ぶりの大きなプラス幅だった。自動車やスマートフォンなどの出荷拡大などが寄与した。景気の現状について「改善を示している」との判断を19カ月連続で据え置いた。

一致指数は、構成する7指標のうち6指標が前月比で改善した。自動車や携帯電話(含むスマホ)、薄型テレビなどの出荷が伸びたほか、薄型ディスプレイ製造装置や掘削機など投資財の出荷も伸びた。自動車販売の好調と、原油価格上昇によるガソリン価格上昇などで商業販売額も改善した。

先行指数は105.6と前月比で1.1ポイント改善した。掘削機など資本財の在庫率が減少したほか、新設住宅着工床面積、原油価格や株価上昇も指数を押し上げた。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below