July 31, 2019 / 9:38 AM / in 24 days

みずほFGの4―6月期当期利益は前年比0.8%増、市場・海外好調

[東京 31日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループが31日発表した2019年4―6月期連結当期利益は、前年同期比0.8%増の1624億円となった。通期予想4700億円に対する進捗率は34%。

グループの連結粗利益は、前年同期比9.6%増の5217億円、連結業務純益は同65.6%増の1882億円となった。

グループの顧客部門収益は同1.6%増の3739億円。国内リテール業務は不振だったが、国内大企業向けの手数料ビジネスのほか、海外では貸し出し、手数料ともに好調だった。市場部門は、同13%増の1352億円となった。前年度に実施した外債ポートフォリオの健全化や米国債の売買が奏功した。

与信関係費用は前年同期よりも241億円悪化し、16億円を計上した。 (布施太郎)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below