July 31, 2019 / 6:53 AM / in 3 months

パナソニックの4─6月営業益は43%減、中国の投資低迷響く

[東京 31日 ロイター] - パナソニックが31日発表した2019年4─6月期(国際会計基準)の営業利益は前年比43.6%減の563億円だった。中国の設備投資低迷が響いたほか、車載事業の開発費も増加。欧州を中心にテレビも苦戦した。

売上高は前年比5.9%減の1兆8911億円だった。

2020年3月期予想は据え置いた。営業利益予想は前年比27.1%減の3000億円で、リフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値3199億円を下回っている。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (志田義寧)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below