August 5, 2019 / 4:21 AM / 4 months ago

SUBARUの4―6月期営業益48%増、米国販売好調 通期予想維持

[東京 5日 ロイター] - SUBARU(スバル)が5日発表した2019年4―6月期連結決算(国際会計基準)によると、営業利益は前年同期比48.4%増の922億円だった。主力市場の米国などで販売が好調。インセンティブ(販売奨励金)の抑制などが寄与した。

4―6月期の営業利益実績は、リフィニティブが集計したアナリスト8人の予測平均値656億円を上回った。

4―6月期の世界販売実績は8.8%増の26万3000台だった。

20年3月期通期の連結業績見通しは従来予想を据え置いた。通期営業利益は2600億円を見込む。リフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値2894億円を下回っている。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below