Reuters logo
東南アジア株式・引け=大半が下落、シンガポール5日ぶり反落
November 23, 2017 / 1:21 PM / in 25 days

東南アジア株式・引け=大半が下落、シンガポール5日ぶり反落

[23日 ロイター] - 23日の東南アジア株式市場は大半が下落。シンガポール市場は、4営業日続伸後の利益確定の売りや、好調な経済統計を受けた金融政策引き締め懸念が重しとなった。一方、マニラ市場は上伸した。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.20%安。OCBC銀行は0.3%安、DBSグループは0.9%安。タイ・ベバレッジは1.6%下落した。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.94%高。大型株のSMインベストメンツは1.5%高、アボイティズ・エクイティ・ベンチャーズは4.4%と上伸した。

ホーチミン市場のVN指数は0.11%高。一時1%高となり、約10年ぶりの高値を付けた。不動産デベロッパーのビングループは0.7%高。 その他、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.11%安、クアラルンプール市場の総合指数KLCIは0.13%安、バンコク市場のSET指数は0.34%安。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below