May 23, 2018 / 6:24 PM / 3 months ago

米5月FOMC、追加利上げ「近く」正当化との見解が大勢=議事要旨

    [ワシントン 23日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB
)が公表した5月1─2日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要
旨で、大部分のメンバーが、米経済見通しが維持されれば追加利上げは
「近く」正当化される可能性があるとの見方を示していたことが分かっ
た。
    また一部の政策担当者が、金利は長期見通しに近い水準か、これを
上回る水準にそれほど遠くない将来に上昇するとの見方を反映するよう
FOMC声明を近く修正するよう主張したことも明らかになった。
    議事要旨は「大部分の参加者は、入手される情報で現在の経済見通
しがおおむね確認されれば、緩和政策の解除に向けさらに歩を進めるこ
とが近く適切になるとの判断を示した」としている。
    5月のFOMCではFRBは予想通りに全会一致でフェデラルファ
ンド(FF)金利の誘導目標を1.50─1.75%に据え置くことを
決定している。  

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below