January 7, 2019 / 2:27 AM / 5 months ago

シドニー株式市場・午前=反発、5週間ぶり高値

    [7日 ロイター] -   
 豪                         日本時間11時11    前日比      %       始値
                                        分                    
 S&P/ASX200指数<.AX       5,691.900  + 72.500  + 1.29  5,619.400
 JO>                                                          
 前営業日終値                    5,619.400                             
 
    午前のシドニー株式市場は大幅反発。世界的な株価上昇に足並みをそろえている。先
週末の強めの米雇用統計と、米連邦準備理事会(FRB)当局者のハト派的な発言を受け
た。原油やコモディティー価格の上昇を背景に、鉱業株とエネルギー株が株価全般の上昇
を主導した。
    S&P/ASX200指数       は0043GMT(日本時間午前9時43分)時
点で前週末終値比86.5ポイント(1.5%)高の5705.9と、約5週間ぶり高値
水準。
    米労働省が4日発表した昨年12月の雇用統計によると、非農業部門の就業者数の伸
びは10カ月ぶりの高水準だった。加えて、パウエルFRB議長が金融政策について「忍
耐強くなる」とのメッセージを発したことで、世界的な景気減速への懸念にかき乱されて
いた市場が落ち着きを取り戻した。
    投資家はまた、きょう予定されている米中の貿易協議についても楽観的だ。
    素材部門がシドニー株の上昇を主導。豪金属・鉱業株指数は2.3%上昇し、約2カ
月ぶり高値。豪鉱業株は米中貿易戦争が収束した場合、大幅な上昇が見込める。中国が豪
州産コモディティーの主要な買い手であるためだ。
    非鉄金属や鉄鉱石の価格上昇も鉱業株への買い意欲を高めた。
    鉱業大手BHPグループは3.1%高。同業リオ・ティントは一時
、日中の上昇率としては12月3日以来の大きさとなる2.7%高を記録した。
    石油価格が1%余り上げる中、エネルギー株もS&P/ASX200指数の
上伸を支えた。
    石油・ガス生産大手ウッドサイド・ペトロリアムは1.8%高、サントス<S
TO.AX>は4.2%急伸した。 
    一方で、中国の建設会社・江河創建集団からの、総額17億豪ドル(約12億100
0万米ドル)の買収提案を拒否した医療サービス会社ヒーリアスの株価は3.6
%安と、下げが目立った。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below