January 9, 2019 / 4:46 AM / 5 months ago

上海外為市場=元、5週間ぶり高値 米中協議への期待で

[上海 9日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで5週間ぶり高値。米中の次官級通商協議が延長されたことを受けて、協議進展への期待が高まっている。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の基準値(中間値)を1ドル=6.8526元に設定。前日基準値(6.8402元)との比較で124ポイント(0.18%)の元安水準だった。

国内スポット市場の元は1ドル=6.8440元。午前の取引で一時、12月4日以来の高値となる6.8340元まで上昇した。

0310GMT(日本時間午後0時10分)のレートは6.8396元。前日終値比で152ポイント、基準値比で0.19%の元高となっている。

市場関係者によると、海外市場でのドル安基調が元相場に大きな影響を及ぼしている。

ただ、ロイター調査によると、元は中国の金融緩和を背景に6カ月以内に1ドル=7元を超えて下落すると予想されている。

オフショア人民元は0310GMT(日本時間午後0時10分)時点で、1ドル=6.839元と、国内市場に比べて元高水準。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below