for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り低下、5月上旬以来の低水準

    [ミラノ 8日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                            
 米東部時間12時4                                           
 0分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.54    0.00     100.54         
 独連邦債2年物    112.16    0.00     112.16          
 独連邦債5年物    134.20   +0.08     134.12          
 独連邦債10年    172.10   +0.35     171.75          
 物                                           
 独連邦債30年    201.56   +0.98     200.58          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物    -0.667  -0.005     -0.666            
 独連邦債5年物    -0.596  -0.011     -0.584            
 独連邦債10年    -0.220  -0.018     -0.199             
 物                                           
 独連邦債30年     0.333  -0.023      0.355             
 物                                           
 
    ユーロ圏金融・債券市場では、域内国債利回りが低下した。米債利
回りに追随した。10日の欧州中央銀行(ECB)理事会がハト派的な
内容になるとの見方が引き続き広がっている。
    米債利回りは1カ月超ぶりの低水準となった。全米自営業者連盟(
NFIB)が8日に発表した5月の米中小企業楽観度指数が0.2ポイ
ント低下の99.6と、4カ月ぶりに低下したことを受けた。
    ドイツ10年債利回りは約3ベーシスポイント(bp)低下しマイ
ナス0.234%と、5月7日以来の低水準となった。
    INGのアナリストは「理事会を前に、ECBがパンデミック緊急
購入プログラム(PEPP)における資産買い入れの迅速なペースをも
う1四半期維持するとの見方でほぼ固まっている」と指摘。そのため、
「ハト派的なサプライズのハードルは高くなっている」とした。
    8日はイタリアで100億ユーロの新発10年債入札が実施され、
650億ユーロ超の需要を集めた。
    イタリア10年債利回りは入札後に5bp低下し、5月7日以来の
低水準となった。
    MFSアセットマネジメント債券リサーチアナリスト、アナリサ・
ピアッツァ氏は「次回のECB理事会での『ハト派的』な発言は、すで
に織り込まれているようだ」とし、ECBは国債入札の大半が一段落す
る夏季にパンデミック(世界的大流行)に関するリスクを再評価するだ
ろうとした。
    多くのアナリストは域内国債利回りはECB理事会までレンジ内で
推移すると予想している。
    独欧州経済センター(ZEW)が8日発表した6月の景気期待指数
は79.8と前月の84.4から低下したが、今後6カ月の力強い景気
回復への期待が損なわれていないことも示されたため、域内国債利回り
への影響は限られた。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up