Reuters logo
シドニー外為・債券市場=NZドルが5カ月ぶり安値、次期政権のポピュリスト傾向に懸念
2017年10月20日 / 03:49 / 1ヶ月後

シドニー外為・債券市場=NZドルが5カ月ぶり安値、次期政権のポピュリスト傾向に懸念

[シドニー 20日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、ニュージーランドドルが対米ドルで5カ月ぶり安値に下落した。NZファースト党のピータース党首が、労働党との連立政権樹立に合意し、アーダーン労働党党首が首相となる政権交代が実現する見込みとなった。市場では、現在の中道右派路線より移民政策や海外投資に強硬な態度を示すのではないかとの懸念が浮上している。

報道を受け、NZドルは1.7%安と、2016年半ば以来の大幅下落。5月以来となる0.6971米ドルまで下落する場面もあった。今週は2.4%下落し、週間では16年12月以来の大幅安となる見込み。

AMPキャピタルのチーフエコノミスト、シェーン・オリバー氏は「英米や豪州の最近の選挙で見られたものと同様の圧力を反映して、(次期政権が)合理主義的な現・国民党政権に比べポピュリスト(大衆迎合)的傾向を強めることがリスクだ」と指摘した。

豪ドルは0.5%安の0.7831米ドル。米上院は19日、2018会計年度(17年10月─18年9月)予算の大枠となる予算決議案を僅差で可決し、豪ドル売り/米ドル買いが出た。週間では0.6%安。前週は1.5%上昇していた。

豪国債先物は上昇。3年物が1ティック高の97.870、10年物は1ティック高の97.2200。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below