July 4, 2018 / 7:39 PM / 12 days ago

EU、鉄鋼輸入制限5日に採決の可能性=関係筋

[ブリュッセル 4日 ロイター] - 欧州連合(EU)加盟国は鉄鋼輸入制限措置について、5日に討議した上で採決を行う可能性があることがEU関係筋の話で明らかになった。

EUの執行機関である欧州委員会は、米国が鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を発動させたことを受け、EU域内への鉄鋼製品の流入の急増を阻止するために輸入割当枠(クオータ制)と関税を組み合わせた対抗策の導入を提案。

関係筋によると、欧州委は割当枠を超えた輸入に25%の関税を掛ける案を提案している。

EUは主に中国、インド、ロシア、韓国、トルコ、ウクライナから鉄鋼を輸入している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below