for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米主要500社の第3四半期、7.4%減益の見通し=リフィニティブ

[13日 ロイター] - リフィニティブのプロプライエタリー・リサーチによると、米S&P総合500種指数採用企業の2020年第3・四半期利益は前年同期比7.4%減少する見通し。エネルギーセクターを除くと、利益は同3.2%減少すると見込まれている。

これまでに第3・四半期決算を発表した462社のうち、利益がアナリスト予想を上回った企業の割合は84.4%。長期平均は65.1%、過去4四半期の平均は73.2%。

第3・四半期の売上高は前年同期比1.4%減少する見通し。エネルギーセクターを除けば1.9%の増収となる見込み。

これまでに第3・四半期決算を発表した企業のうち、売上高がアナリスト予想を上回った企業の割合は77.7%。長期平均は60.3%、過去4四半期の平均は61.2%。

第4・四半期の1株利益について、悪化もしくは市場見通しを下回ると予測している企業は33社。改善もしくは市場見通しを上回ると予測した企業は37社。悪化を改善で割ったネガティブ/ポジティブレシオ(33/37)は0.9。

S&P500企業の今後4四半期(20年第4・四半期─21年第3・四半期)の予想株価収益率(PER)は22.1倍。 16日からの週は、S&P総合500種指数採用企業12社が四半期決算の発表を予定している。 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up