February 5, 2019 / 7:45 PM / 13 days ago

ロンドン株式市場=6営業日続伸、BP買われる

    [5日 ロイター] - 
 <株式指数>       終値   前日比     %  前営業日終  コード
                                                  値  
 FTSE100  7177.37  +143.24  +2.04     7034.13         
 種                                                   
 
    ロンドン株式市場は6営業日続伸して取引を終えた。好決算を発表した石油大手BP
が買われたほか、鉄鉱石価格の上昇に伴い鉱業株が値を上げた。また、ポンド安が
輸出銘柄の買い材料となった。
    通期利益が前年から倍増したBPは5.2%上昇した。市場予想を上回る業績だった
。
    FTSE350種鉱業株指数は0.82%上昇し18年6月以来の高値
をつけた。ブラジルで1月に起きた鉱山ダム決壊事故を受け、ダムを保有する鉄鉱石世界
最大手ヴァーレに対してブラジルの州裁判所が鉱山ダムの使用停止を命じ、鉄鉱石の供給
が減るとの見方が出た。
    ポンドは2週間ぶりの安値をつけた。1月の英サービス部門購買担当者景気指数(P
MI)統計で国内経済の大半を占めるサービス業で6年ぶりに雇用が減少に転じたことが
明らかになったほか、英国の欧州連合(EU)離脱交渉を巡りメイ英首相の北アイルラン
ド訪問で著しい成果がなかったことが背景にある。ポンド安を受けブリティッシュ・アメ
リカン・タバコや製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)、同ア
ストラゼネカなどの国際的な銘柄が買われた。
    オンライン食品販売のオカドは4.2%高だった。投資や会計制度の移行で
利益が減ったとの決算発表で当初は株価が低迷したものの、その後持ち直した。
    一方、中型株では製薬会社インディビアが9.1%下落した。米裁判所が、
主力であるオピオイド中毒治療薬「サボキソン」の競合他社による後発薬(ジェネリック
)の販売差し止めを解除したことが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below