September 11, 2019 / 6:25 PM / 10 days ago

欧州株式市場=6週間ぶり高値へ続伸、米中貿易摩擦緩和の兆しで

    [11日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    389.71    +3.27  +0.85    386.44          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1531.70   +11.54  +0.76   1520.16          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3516.82   +17.83  +0.51   3498.99  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は6週間ぶりの高値に続伸して取引を終えた。米中貿易摩擦が和らいで
いる兆しや、欧州中央銀行(ECB)が今週緩和策を講じるとの期待が相場を押し上げた
。
    ロンドン証券取引所(LSE)グループは5.9%上昇した。香港取引所<03
88.HK>が390億ドルの買収を提示したことが買い材料だった。ただ香港証取は、LSE
がリフィニティブの買収を進めないことが今回の買収提案の条件になるとした。LSEは
日中最高値をつけた後、上昇幅を圧縮して取引を終えた。
    米アップルが前日にiPhoneの新型モデル3機種を発表したことを受け、半導体
メーカーのダイアログ・セミコンダクターとシルトロニック、イン
フィニオン・テクノロジーズ、AMSが1.8%から7.2%上昇し
た。
    投資家はECBの12日の理事会に注目している。ユーロ圏最大の経済国であるドイ
ツが景気後退入りする可能性が不安視される中、ECBは金利を引き下げ、資産買い入れ
プログラムを再開する見通しだ。
    中国は、報復関税を課している米国産品について、17日から16品目を対象から除
外すると発表した。米中貿易摩擦が緩和していることを示す最新の兆しとなった。通商政
策に左右されやすいドイツのクセトラDAX指数は0.74%上昇した。[nL3N2
621LV]

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below