September 12, 2019 / 2:51 AM / 2 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル6週間ぶり高値付近、米中協議を楽観視

[シドニー 12日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが6週間ぶり高値付近で推移。トランプ米大統領が一部中国製品への関税引き上げを延期したことを受けてリスク資産が買われた。ニュージーランド(NZ)ドルも小幅高となっている。

豪ドルは0.2%高の0.6875米ドル。11日に付けた7月31日以来の高値(0.6885米ドル)に近い水準となっている。豪ドルは過去10営業日中8営業日で上昇している。

トランプ大統領は11日、2500億ドル相当の中国製品に対する関税の引き上げ時期を10月1日から10月15日に延期すると明らかにした。

これより先に中国も、一部の米国製品を追加関税対象から除外すると発表していたことから、楽観的な見方が強まった。

ただアナリストは、過剰な期待を織り込むべきではないとしている。

INGの為替ストラテジスト、フランチェスコ・ペソレ氏はリポートで「最近のポジティブなニュースにも関わらず、両国には依然大きな隔たりがあるようだ。特に知的財産権を巡り、中国が大きな譲歩をする可能性は低い」と指摘した。さらに「トランプ大統領は中国への圧力緩和を急ぐ様子はなく、景気減速が明白になるまで合意に向けた決定的な動きは見せない可能性がある」との見方を示した。

NZドルは0140GMT(日本時間午前10時40分)時点で0.1%高の0.6423米ドル。NZドルは今週、1カ月ぶり高値の0.6444米ドルを付け、その後タイトなレンジで推移している。

豪国債先物は下落。3年物は1.5ティック安の99.11、10年物は1.75ティック安の98.84。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below