for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー(6日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 110.76/78 1.1870/74 131.50/54

NY午後5時 110.91/94 1.1864/66 131.66/70

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル安/円高の110円後半。祝日のため前日が休場だった米国勢の動きが鈍い中、国内勢の利益確定売りが優勢となった。ただ、110.80 円近辺では下げ渋り、下値を模索する動きは限られた。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き 安値/高値

日経平均 28643.21 +45.02 28677.95 28587.61─28748.23

TOPIX 1954.50 +5.51 1955.39 1948.84─1960.21

東証出来高(万株) 79425 東証売買代金(億円) 16909.57

東京株式市場で日経平均は反発した。依然として手掛かり難の中で模様眺めムードに支配される状態が続いた。新型コロナウイルスの感染拡大が株価の重しとなる一方、週内にETF(上場投資信託)の換金売りが需給圧迫要因になると懸念されている。東証1部の売買代金は1兆7000億円を割り込み、前日に続いて今年に入ってからの最低を更新した。

東証1部の騰落数は、値上がり1142銘柄に対し、値下がりが896銘柄、変わらずが153銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.032%

ユーロ円金先(21年12月限) 100.080 (+0.005)

安値─高値 100.080─100.080

3カ月物TB -0.102 (変わらず)

安値─高値 -0.102─-0.102

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.032%になった。前営業日(マイナス0.031%)を小幅下回った。「一部の地銀がレートを下げて調達に動いた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。

<円債市場> 

国債先物・21年9月限 152.01 (-0.11)

安値─高値 151.94─152.04

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.040% (+0.010)

安値─高値 0.040─0.035%

国債先物中心限月9月限は前営業日比11銭安の152円01銭と反落して取引を終えた。欧州債売りの流れが継続したが、30年債入札が順調だったことで超長期債がしっかりした動きとなった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1bp上昇の0.040%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.03─-0.06

3年物 0.03─-0.06

4年物 0.03─-0.06

5年物 0.04─-0.05

7年物 0.06─-0.03

10年物 0.12─0.02

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up