February 6, 2018 / 6:12 PM / 13 days ago

欧州株式市場=続落、6カ月ぶり安値

    [ミラノ 6日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    372.79    -9.21  -2.41     382.00          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1462.64   -37.55  -2.50    1500.19          
 スト300種                                               
 DJユーロSTOXX   3394.92   -83.85  -2.41    3478.77             
 50種                                                     
    
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。STOXX欧州600種指数は取引
時間中、約3.2%安と2017年8月以来、6カ月ぶりの低水準をつける局面もあった
。7営業日続落している。
    世界的な株安が加速。投資家の不安心理の度合いを示すユーロSTOXX50ボラテ
ィリティ指数は60.05%上昇し、過去最大の上げ幅となった。物価や国債利
回りの上昇が株式相場の重しとなっている。    
    2日に発表された米国の1月の雇用統計が市場予想を上回ったことが株価急落のきっ
かけだった。雇用統計を受け、物価上昇をめぐる懸念が浮上した上、米連邦準備理事会(
FRB)が予想以上に速いペースで利上げを進めるとの見方が出た。米国株式相場は過去
最高値水準から大幅に値を下げた。売り込みの動きは他の株式相場にも波及したものの、
一部の投資家は欧州株は米国株よりも底堅く推移すると指摘。欧州の経済と金融政策のサ
イクルは米国と比べて早い段階にあるからだ。
    この日は銀行株の値下がりが目立った。銀行株指数は2.87%低下した。
    ただイタリアの銀行大手インテーザ・サンパオロは0.7%上昇。新たな4
年計画の下、不良債権を半減し収益を大幅に伸ばすほか、経費を削減すると述べた。同社
の配当計画も好感された。
    半導体メーカーAMSは13.2%急騰。第4・四半期利益が増えたことが
好感された。米アップルなどのスマートフォンメーカーに提供するセンサーの需要が増え
た。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below