July 5, 2018 / 6:26 PM / 2 months ago

米6月FOMC、景気後退の可能性・通商問題巡る懸念を討議=議事要旨

    [ワシントン 5日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)
が公表した6月12─13日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事
要旨で、米経済が近く景気後退(リセッション)に陥る可能性があるか
どうかが討議されたほか、力強さを見せている経済が通商問題を巡る世
界的な緊張の高まりで影響を受ける可能性があるとの懸念が示されてい
たことが分かった。
    FRBは同FOMCでフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標
を25ベーシスポイント(bp)引き上げ、1.75─2.00%とす
ることを全会一致で決定。声明から、景気刺激に向け金利を十分に低い
水準にとどめることを確約する文言を削除した。    
    議事要旨では、政策担当者が近いうちに、FRBの利上げサイクル
は進んだ段階にあり、FRBの政策が経済を浮揚することも抑制するこ
ともない状態になっているとの認識を示す可能性があることも示唆され
た。  

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below