August 7, 2019 / 8:05 AM / 10 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国6日続落、貿易戦争を嫌気

    [上海 7日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         2,768.6795   - 8.8764     - 0.32  2,789.018  2,792.6934   2,768.6795 
                                                               7                
 前営業日終値         2,777.5559                                                           
 CSI300指数<.C   3,621.431   - 14.898     - 0.41  3,654.632   3,659.078    3,621.431 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          3,636.329                                                           
 
    中国株式市場は6営業日続落。米中貿易戦争に対する懸念が根強い。
    上海総合指数終値は8.8764ポイント(0.32%)安の2768.6
795。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は14.898ポイント(0.41%)安の3621.431。
     米中貿易戦争が泥沼化の様相を呈する中、トランプ米大統領は6日、米国が「極め
て強い立場」にあるとし、中国との対立を巡る懸念を一蹴した。一方、中国政府は、同国
を為替操作国に認定した米政府の決定は金融市場の混乱を招くと警告した。
    中国人民銀行(中央銀行)は米政府の決定に対し「国際金融秩序に深刻な打撃を与え
、金融市場に混乱をもたらす」と反発。「世界経済・貿易の回復を阻害する」と批判した
。
    ロイター調査によると、8日に発表される中国の7月の貿易統計は、米中貿易摩擦の
激化に伴う関税の応酬が響き、輸出と輸入の双方とも減少する見通しだ。
    開源証券はリポートで、全体の環境が好ましい状態ではなく、中期的に相場が低迷し
ていることに疑問の余地はないと分析。前日の上海総合指数が今年初めて250日単純移
動平均線を下回ったと指摘した。同平均線は、強気相場と弱気相場の分かれ目になるとの
見方が多いという。
        

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below