for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:西武ホールディングスは一時6%超安、厳しい実態を嫌気

[東京 15日 ロイター] - 西武ホールディングスは後場急落。一時6.81%安となったが、その後は戻り歩調で1%超安での推移となっている。NHKが15日、西武ホールディングス子会社の西武鉄道とプリンスホテルが優先株を発行し、みずほ銀行と日本政策投資銀行から800億円の出資を受ける方向で最終調整していると報じたことが材料視された。

西武HDは2021年3月期の連結業績が630億円の最終赤字に転落する見通し。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道やバス、ホテルなど、同社が展開する事業で軒並み利用客が減少している。厳しい実態が改めて嫌気された格好となり、JR東海、西日本鉄道などの電鉄株も後場下げ幅を拡大した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up