for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米NY州製造業業況指数、6月は-0.2 予想を上回る改善

[15日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀が15日公表した6月の同州製造業業況指数は前月のマイナス48.5からマイナス0.2に急上昇した。新型コロナウイルス流行に伴う事業閉鎖などを背景に過去3カ月にわたって低迷していたが、ロイターがまとめた市場予想中央値(マイナス29.8)を上回る改善となった。

ニューヨーク連銀によると、6月に状況が改善したと回答した割合は36%。状況が悪化したとの回答も同じ割合だった。

新規受注指数は前月のマイナス42.4からマイナス0.6に上昇。受注量がほぼ変わらずだったことを示唆した。一方、出荷はやや増加した。

支払価格指数は16.9と前月の4.1から上昇。雇用指数もマイナス6.1からマイナス3.5に改善した。

6カ月先の業況感は約27ポイント上昇の56.5と2009年10月以来の高水準となった。新規受注や出荷の6カ月見通しが大幅に上昇したほか、6カ月先の雇用指数も19と昨年8月以来の高水準に上昇。今後数カ月での雇用増加を示唆した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up