Reuters logo
上海外為市場=人民元上昇し6.6元の節目突破、基準値の元高設定で
2017年11月2日 / 05:49 / 19日後

上海外為市場=人民元上昇し6.6元の節目突破、基準値の元高設定で

[上海 2日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元は、午前の取引でドルに対して上昇し、6.6元の心理的な節目を突破した。中国人民銀行(中央銀行)が設定する対ドル基準値(中間値)が、3週間超ぶりの元高水準となったことを受け、ドル売りが加速している。

当初予定から1日遅れとなる米税制改革法案の発表を控え、海外市場でドルが売られたことも人民元を押し上げた。

中国人民銀行(中央銀行)は、きょうの人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.6196元に設定した。前営業日の基準値(6.63元)と比べ、104ポイント(0.16%)の元高水準。

元高方向への1日の変動率としては10月11日以来の大きさとなる。

スポット市場の人民元は6.5940元で始まり、序盤の取引で一時6.5827元の高値を付けた。6.5元台となったのは10月17日以来。

その後は中盤までに6.5998元まで戻している。

トレーダーによると、企業のドル売りが人民元を押し上げ、一部の市場参加者も損失縮小のためドルのポジション解消を余儀なくされた。

上海に拠点を置く外銀のトレーダーは「企業の売りがきっかけになった」と述べ、市場は企業によるここまで大幅な売りを予想していなかったと付け加えた。

オフショア市場の人民元は6.6004元と、オンショアの水準に比べて0.01%の元安。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.754元で、基準値と比べ1.99%の元安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below