November 6, 2019 / 4:15 AM / 11 days ago

上海外為市場=元は続伸し6.9元台、通商協議への期待で引き続き堅調

[上海 6日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は続伸し、1ドル=6.9元台で推移。米中通商協議を巡る期待感の高まりで、前日には3カ月ぶりの元高水準を付けた。

国内スポット市場の元は6.9967元で始まり、0230GMT(日本時間午前11時30分)前後のレートは6.9973元。5日の取引では一時、8月2日以来の元高水準となる6.9880元を付け、7.0058元で終了していた。

中国人民銀行(中央銀行)は6日の人民元基準値(中間値)を1ドル=7.0080元と、8月8日以来の元高水準に設定した。

オフショア人民元も上昇し、前日終値比0.1%高の6.9951元となっている。

中国を含め各国金融市場は今週、米中が通商協議で第1段階の合意署名に近付いているとの見方から、リスクオンの展開となっている。

関係筋がロイターに明らかにしたところによると、中国は第1段階の合意の一環として、9月に発動した対中関税を撤回するよう米国側に求めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below