September 7, 2018 / 4:38 AM / 19 days ago

シドニー株式市場・中盤=7日続落、金融株が軟調

    [7日 ロイター] -   
 豪                         日本時間13時15    前日比      %        始値
                                        分                    
 S&P/ASX200指数<.AX       6,122.500  - 37.900  - 0.62   6,160.400
 JO>                                                          
 前営業日終値                    6,160.400                              
 
    中盤のシドニー株式市場は7営業日続落。トランプ米政権が検討する2000億ドル
相当の中国産品を対象とした追加関税の意見公募期限をにらみ、市場では警戒姿勢が強ま
った。金融株が引き続き軟調に推移した。
    S&P/ASX200指数       は0200GMT(日本時間午前11時)時点で
42.3ポイント(0.7%)安の6118.1。
    今週の同指数は3%超安と、下落率は2月初め以来の大きさとなる見通し。
    2000億ドル相当の中国産品を対象とした追加関税発動の時期は不明だが、中国は
米国のいかなる新たな措置に対しても報復すると警告している。
    金融株指数は0.4%安。四大銀行のうち、3行が住宅ローン金利を引き上げた。
    四大銀行で住宅ローン金利引き上げを見送っているナショナル・オーストラリア銀行
は0.4%安。
    保険株も軟調で、サンコープ・グループは1.5%安。
    素材株指数は横ばい。今週は4%超安となる見通し。アルミナは6
.7%安。 
    エネルギー株は下げがきつい。ビーチ・エナジーは4.3%安、サントス<S
TO.AX>が2.5%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below