for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇、バンコク市場は7日ぶり反発

    [25日 ロイター] - 東南アジア株式市場の株価は軒並み上昇。バンコク市場の
SET指数は7営業日ぶりに反発している。
    ただ、フィリップ証券(タイ)は顧客向けノートで「世界的には強気のセンチメント
が見られるものの、新型コロナウイルス禍と国内政治への懸念という二重苦があり、上げ
幅は引き続き抑えられている」と指摘した。
    米国株の上昇に追随し、ジャカルタ市場の総合株価指数とマニラ市場の主要株価指数
もしっかり。バイデン米大統領は24日、インフラ投資計画で議会上院の超党派グループ
と合意した。

                              時間     現在値     前日比         %
  シンガポ  ST指数 <.STI   14:53    3118.48      -1.14      -0.04
      ール  >                                             
            前営業日終値              3119.62                      
  マレーシ  総合株価指数 <   14:53    1559.88      +4.17      +0.27
        ア  .KLSE>                                        
            前営業日終値              1555.71                      
  インドネ  総合株価指数 <   13:30    6056.80    +44.742      +0.74
      シア  .JKSE>                                        
            前営業日終値             6012.056                      
  フィリピ  総合株価指数 <   13:50    6950.51     +64.51      +0.94
        ン  .PSI>                                         
            前営業日終値              6886.00                      
  ベトナム  VN指数 <.VNI   13:31    1380.65      +0.93      +0.07
            >                                             
            前営業日終値              1379.72                      
      タイ  SET指数 <.S   14:29    1586.64      +0.92      +0.06
            ETI>                                          
            前営業日終値              1585.72    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up