August 19, 2019 / 8:14 AM / 4 months ago

中国・香港株式市場・大引け=中国、7月初旬以来の大幅高 金利改革を好感

    [上海 19日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         2,883.0960  + 59.2722     + 2.10  2,835.518  2,883.0960   2,829.8542 
                                                               1                
 前営業日終値         2,823.8238                                                           
 CSI300指数<.C   3,791.095   + 80.556     + 2.17  3,736.034   3,791.095    3,720.689 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          3,710.539                                                           
 
    中国株式市場は2%以上値上がりして引けた。上昇率は7月初旬以来最大。中国当局
が発表した最近の景気下支え策が支援材料となった。
    上海総合指数終値は59.2722ポイント(2.10%)高の2883.
0960。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は80.556ポイント(2.17%)高の3791.095。
    両指数とも4日続伸となった。
    中国人民銀行(中央銀行)は17日、企業の借入コスト低下と減速している景気を後
押しすることにつながる金利改革を公表した。
    中国国家発展改革委員会(NDRC)も16日、内需を刺激するため、2019年と
20年に可処分所得を引き上げる対策を打ち出すと表明した。
    招商証券はリポートで、金利改革は短期的な金融緩和観測を一段と高め、リスク志向
を後押しすると指摘。中・長期的には借り入れコストの低下で企業の予想投資収益率が改
善する可能性があり、株式市場の支援材料になるとの見方を示した。    
    証券株が上昇を主導。株価の上昇で恩恵を受けるとの見方が広がった。主要証券株で
構成する指数が6.9%高。
    低金利の恩恵を特に受けるとみられる不動産株も3.3%高。
    一方、銀行株は金利改革で収益が圧迫されるとの見方から伸び悩んだ。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below