June 24, 2020 / 9:08 AM / 13 days ago

新型コロナ感染症対策分科会を設置、7月上旬に初開催=西村再生相

[東京 24日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は24日夕方の記者会見で、新型インフルエンザ等対策有識者会議の下に、新型コロナウイルス感染症対策分科会を設置すると発表した。それに伴い、これまで行ってきた専門家会議は廃止する。

分科会では、感染症動向のモニタリングや今後ワクチンができた際のワクチン接種のあり方、感染第2波の対策を含めた感染症対策について議論する。7月上旬に1回目の会合を開く予定。

構成員は今月中をめどに決める。専門家からは「医学や公衆衛生の専門家だけでなくさまざまな領域の知を結集した組織にすべき」との意見が出たといい、西村再生相は、地方自治体やリスクコミュニケーションなど幅広い分野の専門家を選任したいと述べた。

一方、一部の世論調査で首相候補の1人として名前が上がっていることについて、西村再生相は「今は職務に専念をしたい」とした上で、一連のコロナ対応やこれまでの経験について「必ず日本の将来に活かしていかなければならないという思いを強く持っている」と強調。「誰も取り残さない、包摂的な社会を作らなければならない。そうしたことに、私自身が先頭に立って取り組みたい」と語った。 (浜田寛子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below