for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・大引け=中国優良株、高値警戒感で7カ月ぶり大幅安

    [上海 22日 ロイター] - 
 中国                         終値      前日比          %        始値         高値          安値
 上海総合指数            3,642.4449   - 53.7231      - 1.45  3,707.1912  3,717.2669    3,642.4449 
                                                                                      
 前営業日終値            3,696.1680                                                               
 CSI300指数<.CSI    5,597.333   - 181.509      - 3.14  5,785.510    5,785.510     5,597.333 
 300>                                                                                 
 前営業日終値             5,778.842                                                               
    中国株式市場では、先週最高値を更新した優良株指数が下落。約7カ月ぶりの大幅安
となった。割高感や政策引き締めのリスクが懸念された。
    キャピタル・エコノミクスのアナリストは「金融状況は実質的に年初から引き締まっ
ている。中国人民銀行(中央銀行)は今後数カ月以内に政策金利を引き上げ、そうした政
策のシフトを正式に認めるだろう」と指摘した。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は181.509ポイント(3.14%)安の5597.333。下落率
は2020年7月24日以来の大きさ。
    上海総合指数終値は53.7231ポイント(1.45%)安の3642.
4449。
    生活必需品指数は5.96%安。ヘルスケア指数は5.1
5%安。金融指数は1.75%安。
    商いは活況。上海証券取引所の出来高は488億8000万株と、30日移動平均(
317億7000万株)の153.9%に達した。
    深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」総合指数
は4.47%安。
    この日の下落にもかかわらず、株価は最高値付近で推移しており、一部のアナリスト
は、景気回復を背景に企業の好業績が続くとの見方を示している。
    ユニオンバンケールプリヴェのアジア担当シニアエコノミストは「銀行、素材、エネ
ルギーといった景気敏感株への資金流入が拡大する可能性がある。ハイテク株も非常に好
調で、引き続き高値で取引されている」との見方を示した。
    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up