August 23, 2019 / 5:33 AM / 4 months ago

シンガポール7月コアCPIは前年比+0.8%、3年超ぶりの低い伸び

[シンガポール 23日 ロイター] - シンガポール統計局が発表した7月の消費者物価指数(CPI)は、コア指数が前年同月比0.8%上昇と、2016年4月以来の低い伸びとなった。

伸び率は6月の1.2%から鈍化し、ロイターがまとめた市場予想の1.0%も下回った。電力・ガス料金や小売業の販売価格の低下が響いた。

コアCPIは政府の政策の影響を受けやすい自動車や宿泊施設の価格変動を除外したもので、シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)が重視している。

7月の総合CPIは前年比0.4%上昇。伸び率は前月の0.6%から鈍化し、市場予想の0.55%も下回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below