April 30, 2018 / 8:33 PM / 21 days ago

米国、NAFTA自動車部品調達比率75%要請 段階的に引き上げ=文書

[ワシントン 30日 ロイター] - 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、米国が自動車部品の域内調達比率を現在の62.5%から最大4年かけて段階的に75%に引き上げることを提案していることが分かった。

ロイターが入手した米政府の提案の要綱で明らかになった。同要綱は現在、自動車業界幹部の間で回覧されている。

具体的には、乗用車および小型車(LDV)の比率を段階的に4年かけて引き上げ、ピックアップトラックについては2年かけて引き上げる。米通商代表部(USTR)はこれまで自動車部品の域内調達比率の85%への引き上げを主張していた。

このほか製造作業について、乗用車および小型車は価格の40%に当たる作業に時給16ドルの賃金を支払うことを要請。ピックアップトラックについては45%とした。

賃金についてはライトハイザーUSTR代表が先週の再交渉会合で、米国とカナダの自動車生産保護に向けてメキシコの賃金水準に上昇圧力を掛けることを目標に提案していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below