December 20, 2018 / 11:29 AM / 3 months ago

インド株式市場・引け=8日ぶり反落、利食い売りやアジア株安で

    [20日 ロイター] - 
 インド                    終値    前日比      %      始値      高値      安値
 SENSEX指数      36,431.67   - 52.66  - 0.14  36,321.1  36,475.5  36,202.9
                                                           8         2         0
 前営業日終値          36,484.33                                                
 NSE指数<.NSEI      10,951.70   - 15.60  - 0.14  10,885.2  10,962.5  10,880.0
 >                                                         0         5         5
 前営業日終値          10,967.30                                                
 
    20日のインド株式市場の株価は、8営業日ぶりに反落して引けた。7営業日続伸を
受けて、投資家が利益を確定した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.14%安の1
万0951.7で終了。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する3
0銘柄で構成)は0.14%安の3万6431.67で引けた。
    米連邦準備理事会(FRB)が示した2019年の政策金利見通しが、予想よりハト
派色の薄いものだったことを受けて、20日序盤のインド・ルピー相場と株価はアジア市
場につれて下落した。
    NSE指数は一時0.80%下落。SENSEX指数は一時0.77%下げた。
    ジオジット・フィナンシャル・サービシズの調査責任者は「利食い売りがいくらかあ
ったが、ポジティブな材料が複数あり、またファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は
強い」と述べた。
    金融株が特に両指数の足を引っ張り、インド・ステイト銀行が2.2%安、
アクシス銀行は1.4%安となった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below