December 30, 2019 / 8:41 AM / 21 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国株が8カ月ぶり高値、借入コスト低下期待で

    [上海 30日 ロイター] - 
 中国                     終値     前日比        %        始値        高値        安値
 上海総合指数<.SSEC  3,040.0239  + 34.9884    + 1.16  2,998.1689  3,041.3969  2,983.3436
 >                                                                                      
 前営業日終値        3,005.0355                                                         
 CSI300指数<.   4,081.633   + 59.606    + 1.48  4,015.520   4,083.690   4,001.495 
 CSI300>                                                                      
 前営業日終値         4,022.028                                                         
    
    中国株式市場はCSI300指数が終値ベースで8カ月ぶりの高値を付けた。中国人
民銀行(中央銀行)が変動金利融資の指標金利変更を決定したことが、借り入れコスト引
き下げにつながるとの期待が広がった。中国経済の底堅さも好感された。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は59.606ポイント(1.48%)高の4081.633と4月19
日以来の高値となった。
    上海総合指数       終値は34.9884ポイント(1.16%)高の3040.
0239。
    人民銀行は28日、最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)を変動金利融
資の新しいベンチマークに適用すると発表した。中国民生銀行のエコノミスト、ウェン・
ビン氏は「全体として株式市場には良いニュースだが、債券市場への影響はかなり限られ
る可能性がある」と分析した。
    景気回復の兆しも楽観的な見方を支えた。ロイター調査によると、中国国家統計局が
31日に公表する製造業購買担当者景気指数(PMI)は景気判断の分かれ目となる50
を上回る見込み。
    30日の株式市場では消費関連株や証券株が上昇をけん引
した。一方借入コストの引き下げが利益率の低下につながるとみられる銀行株<.CSI00095
1>は下落した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below