October 7, 2019 / 11:34 PM / 10 days ago

8月の実質賃金は前年比-0.6%、8カ月連続減=毎月勤労統計

[東京 8日 ロイター] - 厚生労働省が8日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、8月の実質賃金は前年比0.6%減少し、前年同月を8カ月連続で下回った。パート比率拡大やボーナス減少で名目賃金が前年比でマイナスとなるなか、物価上昇が響いた。 名目賃金に当たる現金給与総額は前年比0.2%減の27万6296円と2カ月連続でマイナスだった。相対的に賃金の低いパート労働者の比率が31.39%と前年比で0.49ポイント上昇したことが響いた。

また、ボーナスなど特別に支払われた給与が前年比11.4%減の1万1722円と大きく減少したのも響いた。

基本給に当たる所定内給与は前年比0.3%増の24万5105円だった。残業代など所定外給与は同0.9%増の1万9469円だった。

*統計の詳細は以下のURLでご覧になれます。

here

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below