July 1, 2019 / 3:36 AM / 3 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル9営業日ぶりに下落、中銀理事会控え

[シドニー 1日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが下落。利下げが予想されているオーストラリア準備銀行(RBA)の理事会を控え、警戒感が広がっているほか、さえない中国経済指標も重しとなっている。

豪ドルの対米ドル相場は9営業日ぶりに下落し、0.6942米ドルの安値を付けた。直近は0.3%安の0.7002米ドル。

豪ドルは先週1.4%高となり、2週連続で上昇していた。米ドル安が主な背景だったが、米中貿易摩擦の緩和を受けて米ドルが反発する中、これまでほど積極的な米利下げは予想されておらず、豪ドルが上昇を維持する可能性は低い。

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は29日の会談で、5月以降停止していた通商協議を再開することで合意した。

ANZのアナリストは、リサーチノートで「貿易を巡るセンチメントがやや改善し、リスク地合いを支援しているものの、短期的な豪ドルの見通しは7月2日の豪中銀の理事会を控え、より中立的となっている」と指摘した。

豪中銀は2日の理事会で政策金利を1.00%に引き下げることがほぼ確実視されている。

財新/マークイットが1日発表した6月の中国製造業購買担当者景気指数 (PMI)が拡大・縮小の分岐点となる50を予想外に下回ったことも、豪ドルを圧迫している。

ニュージーランドドル(NZドル)の対米ドル相場は0.15%安の0.6707米ドル。10営業日ぶりに下落している。

NZドルは先週、同国中銀が利下げを見送ったことに支援された。ただ同中銀は世界経済や国内経済へのリスクを踏まえると、追加利下げが必要になるとの見通しも示した。

市場では8月7日の次回会合で25ベーシスポイント(bp)の利下げが実施される確率が約69%織り込まれている。

豪国債先物は下落。3年物と10年物はともに1.5ティック下げ、それぞれ99.065と99.66。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below