August 21, 2018 / 1:00 AM / 3 months ago

自民党総裁選、9月7日告示・20日投開票

[東京 21日 ロイター] - 自民党の選挙管理委員会は21日、総裁選の日程を9月7日告示、20日投開票と決めた。党総務会で正式に決定する。3選を目指す安倍晋三首相(自民党総裁)に石破茂・元幹事長が挑む格好だ。

自民党総裁の任期は3年。3年前の2015年は安倍首相が無投票で再選されたため、6年ぶりの総裁選となる。 自民党総裁選は、国会議員(衆参両院)票405票と、地方票(党員・党友票)405票の計810票で争われる。2014年の規定改正で従来300票に固定していた地方票が国会議員票と同数になるなど、地方票の重みが増した。

1位の候補が過半数を取れない場合は決選投票となり、これまで地方票は反映されていなかったが、今回から議員票と47票の地方票の合計で決める。

また地方票の投票条件をこれまでの20歳以上から、2017年末までに党費を納めた18歳以上に引き下げる。

2012年の総裁選では、地方票では石破氏が安倍氏を上回ったが、決選投票で議員票を固めた安倍氏が逆転した。今回の総裁選では 国会議員票については7─8割が安倍首相支持とされ、地方票の動向が注目されている。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below