for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-日銀総裁:みずほのシステム障害、大変遺憾 金融庁と連携し適切に対応へ

[ 22日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は22日の会見で以下のように述べた。

* 日銀総裁:ワクチンの接種率5割超え、次第に消費の回復に向けた基盤整いつつある

* 日銀総裁:現時点で米中経済が減速して外需が弱くなっていく見通し持つ必要はない

* 日銀総裁:貯蓄はすごく増えている、家計の収入あっても消費に回らないのは国民の慎重な行動による

* 日銀総裁:コロナ感染症の収束につれ、消費も力強くなっていく

* 日銀総裁:気候変動オペ、最終的にはかなりの利用規模になるが12月の初回が大きくなるとは考えていない

* 日銀総裁:中国恒大集団の例、コロナ禍の企業債務の増大がもたらす問題の一例とは考えていない

* 日銀総裁:中国当局の不動産関連規制、中国経済全体の成長率阻害は考えにくい

* 日銀総裁:中国恒大、中国の不動産業の問題としてとらえるのが適切

* 日銀総裁:自民党総裁選候補者の見解、コメントするのは適当ではない

* 日銀総裁:政府・日銀の共同声明のもと、物価目標の実現に向け努力していく

* 日銀総裁:翌日物金利の動き、現時点で困ったという感じは全くない

* 日銀総裁:夏の感染拡大でサービス消費低迷は予想外だが、ワクチン接種進展などポジティブな面も考える必要

* 日銀総裁:声明文で一部文言修正したが、基本的な好循環メカニズムや景気持ち直しは変わったわけではない

* 日銀総裁:一連のシステム障害で多くの顧客に影響、たいへん遺憾=みずほへの行政処分で

* 日銀総裁:金融庁と連携、日銀としてもみずほに適切に対応していきたい

* 日銀総裁:東南アジアの部品供給停滞、何カ月も続くということではない

* 日銀総裁:日銀の金融政策は物価安定を目指したもの、政府の財政を助けるために行っているわけではない *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up