for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-日銀、企業債務の信用力要件の緩和など適格担保の拡充を決定

[東京 25日 ロイター] - 日銀は24─25日の金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度とする長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)付き量的・質的金融緩和の現状維持を賛成多数で決めた。同時に以下の措置を決定した。

* 日銀、企業債務の信用力要件の緩和など適格担保の拡充を決定

* 日銀、成長基盤強化支援資金供給の利便性向上・利用促進を決定

* 日銀、銘柄別の売却上限額の撤廃など国債補完供給の要件緩和を決定

* 日銀、ETFの一時貸付を可能とする制度の導入を検討

* 成長基盤強化・貸出増加支援の資金供給、新規貸付の実行日の期限を2021年6月まで延長=日銀

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up