for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-黒田日銀総裁:金融緩和進める下で財政政策活用すれば景気刺激はより強力に

[東京 26日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は26日、日本経団連審議員会であいさつした。主な発言は以下の通り。

* 黒田日銀総裁:金融緩和推進している状況で財政政策活用すれば相乗効果で景気刺激効果はより強力に

* 黒田日銀総裁:金融政策と財政政策との連携考える際はそれぞれの役割分担を明確にすること重要

* 黒田日銀総裁:最近の議論の中にはポリシーミックスを中銀による財政ファイナンスと混同しているものみられる

* 黒田日銀総裁:今回の経済対策、強力な金融緩和推進している下で景気の拡大基調維持するために大きな効果持つ

* 黒田日銀総裁:それぞれが自主性持って取り組むという政府との共同声明の枠組みは極めて有効に機能

* 黒田日銀総裁:米中通商交渉の進展など、世界経済を巡る不確実性は幾分緩和している

* 黒田日銀総裁:世界経済は引き続き下振れリスクが大きい

* 黒田日銀総裁:内需の増勢はいったん鈍化するものの、大きな落ち込みは回避される見込み=日本経済で

* 黒田日銀総裁:賃金上昇と物価上昇の好循環は、なお力強さに欠ける

* 黒田日銀総裁:他の先進国と同様に2%物価目指すことは長い目でみた為替相場の安定につながる

* 黒田日銀総裁:(東京五輪後の)来年後半以降の景気心配する声あるが、過度に悲観的になる必要ない

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up