for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-JAL専務:安易に国内路線の撤退は考えていないが、便数の見直しは不可欠

[東京 3日 ロイター] - 日本航空(JAL)の菊山英樹専務執行役員は3日、2021年4─6月期の決算会見で以下のように述べた。

* JAL専務:安易に国内路線の撤退は考えていないが、便数の見直しは不可欠

* JAL専務:国際貨物の単価はコロナ前の約2倍という高水準が続いている

* JAL専務:キャッシュバーンは4─6月期に月100─150億円、7─9月期は約50億円まで減る見込み *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up