for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-ドイツテレコム、今年のコア利益の伸び鈍化へ

(検索コードを修正して再送しました)

[ボン 19日 ロイター] - ドイツテレコムは、今年のコア利益の伸びが3%に鈍化するとの見通しを示した。

同社はリース後の利払い・税・償却前利益(EBITDA・AL)が255億ユーロ(275億ドル)になると予想。これはアナリスト予想を下回る水準だ。増益率は昨年から半減することになる。

昨年は為替差益や統合効果が寄与し、米国・欧州・ドイツ事業が軒並み好調だった。

2018年4月に発表された米子会社Tモバイルと米スプリントの合併計画は先週、ニューヨーク州が合併差し止めを求めた訴訟を取り下げたことを受けて、最後の大きなハードルを越えた。

ドイツテレコムでは、合併計画を巡る不透明感や次世代通信規格「5G」網の巨額の敷設費用が業績の重しとなっており、昨年11月に2019年の減配発表を迫られた。

第4・四半期の純債務は28億ユーロ減の760億ユーロ。負債比率は調整後EBITDAの2.65倍に低下した。

第4・四半期の売上高は5.4%増の213億6100万ユーロと、市場予想を上回った。調整後EBITDA・ALも8.2%増の60億3000万ユーロと、予想をやや上回った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up