for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送:外から内臓が見える透明なカエル、日本で誕生

 9月26日、広島大の研究者らが、外側から内臓が見える透明なカエルを誕生させたことが明らかに。写真は25日撮影。広島大両生類研究施設提供(2007年 ロイター)

 [東京 26日 ロイター] 広島大両生類研究施設の住田正幸教授らが、外側から内臓が見える透明なカエルを誕生させることに成功した。がんなどの病気の研究に際し、臓器の成長・発達を理解するのに役立つと期待される。

 住田教授はロイターに対し、透明な四足動物が報告された例は過去にないと述べた。

 この透明カエルは、国内で採集されたニホンアカガエルを使って作られ、オタマジャクシから成体まで透明のままで過ごすという。

 住田教授はこのカエルについて、ある化学物質が骨に与える影響などを研究するのにも役立つとしている。

*写真を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up