for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国に便器の形の家、来月から見物客を受け入れへ

 10月9日、韓国ソウル近郊に便器の形の家が登場することが明らかに。写真はCGによるイメージ図。提供写真(2007年 ロイター/Office Of Koki-woong)

 [ソウル 9日 ロイター] 韓国の公衆衛生運動家が来月、ソウル近郊の便器の形をした家を公開し、世界トイレ協会の活動をスタートすることになった。同協会が声明を出して発表した。

 それによると、韓国語で「悩みを解決できる神聖な場所」と命名されたこの家は、鋼鉄と白いコンクリート、ガラスでできており、屋根はまるで便器のふたのように開閉する。

 この家をデザインしたのは、同協会のメンバー、Sim Jae-duck氏。家の中には、豪華なトイレが4つあるという。

 来月から、家の見物客を受け入れる予定。

 同協会では、トイレ設備を持たない20億人に清潔な公衆衛生を供給することを目指している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up