for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

両手足がこぶに覆われたインドネシア人男性、米医師が治療へ

 11月22日、10代のころから両手足がこぶで覆われる病気に苦しむインドネシア人男性が米国の医師が提案する治療法で病気の完治を目指すことになった。21日撮影(2007年 ロイター/Supri)

 [Tanjung Jaya(インドネシア) 22日 ロイター] 10代のころから両手足がこぶで覆われる病気に苦しむインドネシア人男性(35)が、米国の医師が提案する治療法で病気の完治を目指すことになった。

 「ツリーマン(木男)」と呼ばれる男性は、インドネシアの首都ジャカルタの南150キロの村に住むデデさん。10代の時にひざに切り傷を負って以降、体にこぶができ始めたという。

 デデさんは、ロイターテレビの取材に対し「かゆみを感じると両足にいくつかのこぶができていた。無視していたら、すぐに体中がこぶだらけになった」と語った。

 両手が使えないため仕事ができず、妻にも見放されたデデさんは、10代の娘2人とともに貧しい生活を送っている。こぶに覆われた両手足はとても重く、扱いにくいので外出もしないという。

 1993年に地元の病院に入院したが、医師らはデデさんの症状に対する治療法を見つけることができなかった。

 しかしメディアの報道によると、米メリーランド大のアンソニー・ガスパリ医師がこのたび、デデさんに対してある治療法を提案。同医師はデデさんの血液検査を行った結果、デデさんの症状は、小さなこぶを形成する感染症「ヒト乳頭腫ウィルス(HPV)」によるものだと判断したという。

 ガスパリ医師は、別のHPVの重症例でこぶの増殖を防ぐ効果が確認された合成型のビタミンAを毎日投与することで、デデさんの症状を完治できるとの見方を示している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up