for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GM韓国の労使合意、組合員が支持せず 再交渉へ=関係筋

[ソウル 1日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズが先週、労働組合と合意した労使協定は組合員の投票で否決され、再交渉する見通しとなった。

組合関係者によると、2021年初めまでに400万ウォン(3615ドル)の一時金を受け取る案に賛成したのは45%程度にとどまった。

2018年以降賃上げが凍結されており、組合側は今年、要求を強めたが、GMは定年を5年延長して65歳にすることや、韓国工場の1つで生産台数を増やすといった要求を拒否している。

7月以降24回の交渉を行う一方、組合は先月、4時間の時限ストを14日間にわたって実施した。GMの関係者によれば、ストにより約2万5千000台の生産減につながった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up