August 24, 2016 / 9:11 AM / 2 years ago

ローマ法王、イタリア地震で定例演説を中止 犠牲者を追悼

 8月24日、ローマ法王フランシスコ(写真)は、イタリア中部でマグニチュード6.2の地震が発生したことを受け、予定していた定例演説を中止した。7日撮影(2016年 ロイター/Max Rossi)

[バチカン市 24日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは24日、イタリア中部のペルージャ付近で同日未明(日本時間午前)にマグニチュード(M)6.2の地震が発生したことを受け、予定していた定例演説を中止した。

法王は、バチカンのサン・ピエトロ広場に集まった数万の聴衆に対し、地震の被害に「深い悲しみを覚える」と述べ、共に犠牲者への祈りをささげるよう呼びかけた。演説は来週に延期される。

この地震では、中部ラツィオ州のアマトリーチェなどで少なくとも20人が死亡、多数が行方不明となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below