for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-IAEA、ザポロジエ原発の建物に損傷確認 安全区域設定を提案

(本文1段落目の日付を「5日」から「6日」に修正します)

[キーウ(キエフ)/ウィーン 6日 ロイター] - 国際原子力機関(IAEA)は6日(訂正)、ロシア軍が占拠するウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所に関する報告書を発表し、核燃料や放射性廃棄物の貯蔵施設など複数の建物に損傷を確認したと指摘した。原子炉建屋の近くでも損傷を確認した。

放射性物質の拡散懸念を生じさせるような兆候は発見されなかったとしながらも、同原発の状況に依然として重大な懸念を抱いていると指摘。軍事的行動による物理的損傷から生じる原子力事故を防ぐための暫定措置が緊急に必要だとして、早急に周辺に安全区域を設定するよう提案した。

また、発電所を運営しているウクライナ人スタッフの労働環境について「常に高いストレスとプレッシャーにさらされている。これは持続可能ではなく、原子力の安全性に影響を与えるヒューマンエラーの増加につながる可能性がある」と指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up