for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪当局、アサヒの豪ビール最大手買収を承認 一部ブランド売却が条件

 4月1日、オーストラリアの競争当局は、アサヒグループホールディングスがABインベブから豪ビール最大手カールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズを110億ドルで買収する計画に反対しないと表明した。写真はアサヒのロゴ。2016年5月、都内で撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[1日 ロイター] - オーストラリアの競争当局は1日、アサヒグループホールディングス2502.Tが、ベルギーのビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)ABI.BRから豪ビール最大手カールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズ(CUB)を110億ドルで買収する計画に反対しないと表明した。

アサヒは買収実現に向け、当局に対し、一部ビールやリンゴ酒のブランドを売却することを約束した。

アサヒの広報担当者は、FIRB(豪州外国投資審査委員会)の承認待ちであることから、クロージングの見通しは、2020年4―6月期から「変更はない」と述べた。そのうえで、FIRBの承認取得に向けて、引き続き当局に協力をして手続きを進めていく、とした。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up